スポンサーリンク

3月といえば?検索ランキング!年中行事・イベント・記念日まとめ

寒さも和らぎ、春の訪れを感じる3月。

暖かくなり過ごしやすい3月は、観光やレジャーのシーズンでもあります。

そこで今回は、「3月に検索された年中行事やイベント、祝日や記念日」をランキング形式にしてまとめました。

3月といえば?検索ランキング!

3月には様々な年中行事やイベントがあります。

3月を存分に楽しめるよう、3月の年中行事やイベントを日付順にご紹介します。

3月といえば? 1位 ひな祭り(2023.3.3)

3月といえば「ひな祭り」です。

ひな祭りには、雛人形を飾り、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、ひなあられなどを食卓にならべ、子供の健やかな成長と健康を祈ります。

▼関連記事

ひな祭りの食べ物4選!意味と由来は?おすすめレシピまとめ!

初節句っていつ?初節句とは?お祝い金額の相場やマナー

3月といえば? 2位 プロ野球(3月末)

セ・パリークの公式開幕戦ですね。

2022年はヤクルトスワローズの村上宗隆選手が日本選手年間最多の56本塁打で話題になっていましたね。
王貞治のこれまで誰にも破られなかった記録を更新したことがいかにすごいか。

2023年も楽しみですし、他の選手の活躍にも期待ですね。

3月といえば? 3位 ISU 世界フィギュアスケート選手権大会(3月末)

100年以上歴史のある大会ですね。

去年は男子で、1.2位が日本人ということもあって話題になりましたね。

2023年は埼玉で開催ということもあってか日本人の関心も高まるのではないでしょうか。

3月といえば? 同率4位 東京マラソン(2023.3.5)

去年はコロナの影響もあって中止になってしまいましたね。

今年もまたコロナが爆発的に広がり、中止になる可能性が無くはないですね。

ですがワクチン接種率が高くなったり、薬が開発されたりもしているので、開催される可能性は十分あるように思います。

3月といえば? 同率4位 日本アカデミー賞(2023.3.10)

2022年の授賞式はグランドプリンスホテル新高輪 国際間パミールで開催されました。
司会は羽鳥慎一さん、長澤まさみさんでした。
2023はだれが司会になるのかも楽しみですね。

最優秀作品賞:ドライブ・マイ・カー
最優秀アニメーション作品賞:シン・エヴァンゲリオン劇場版

3月といえば? 同率4位 選抜高等学校野球大会(3月末)

いわゆる春の甲子園ですね。
毎日新聞社と日本高等学校野球連盟が主催している退会です。

選考委員会によって出場校が決められる大会です。
過去に優秀な成績を出せた高校ということだけでなく選考基準もいろいろあるようです。
(夏の甲子園のように、1都道府県1校ではない)

2022年は大阪桐蔭が18-1で近江に勝利し、4年ぶり4回目の優勝を果たしてます。

夏ほどの盛り上がりではないにしても劇的な展開が頻繁に発生する高校野球は見ていて楽しいですね。

3月といえば?ランキング圏外だけど話題になりやすい年中行事・イベント

3月といえば? ホワイトデー(2023.3.14)

3月14日といえばホワイトデーです。

バレンタインデーにチョコをもらった男性が、女性にお返しをする日です。

近年では、女性同士でチョコレートや手作りお菓子を交換したりもします。

 

▼関連記事

ホワイトデーのお返しの意味とは?彼女に贈りたいオススメのお返し!

ホワイトデーのお返しは何がいい?子供が喜ぶ人気のお返し4選!

 

3月といえば? 春のお彼岸(2023.3.17~3.23)

2023年のお彼岸入りは、3月17日です。

お彼岸は、ご先祖さまの供養のため、仏具の掃除やお墓の掃除を行います。

お墓参りにいってご先祖様に挨拶をし、お仏壇には、ぼたもちやおはぎ、ご先祖様が生前好きだったものなど、いつもより少し豪華なお供え物をします。

3月といえば? 春分の日(2023.3.21)

春分の日は端的に言うと、昼と夜の長さが同じになる日。冬至と夏至のちょうど間になる日ですね。

1948年に施行された「国民と祝日に関する法律」により祝日に設定されている日です。

3月といえば? お水取り(2023.3.12)

修二会の別名としてお水取りという名で親しまれている奈良・東大寺のイベントです。
12日の夜に、本尊に備える香水をくみ上げる行事があり、そこからお水取りと呼ばれています。

3月といえば? お花見(2023.3月中旬~下旬開花予想日)

春といえばお花見です。

お花見では、桜の木の下で家族や友人とお弁当を持ち寄ったり、バーベキューをしたり、お酒を交わしながらみんなで桜を楽しみます。

お花見のシーズンには、全国でお祭りやイベントが開催されます。

 

▼関連記事

2023年お花見「大阪城公園」開花時期とバーベキュー情報

 

3月といえば? 卒業式(3月上旬~下旬)

3月といえば、別れの季節でもあります。

進学、就職など、それぞれが新たな一歩を踏み出す人生の節目の日です。

▼関連記事

卒業式のお祝いメッセージ、文例集まとめ!

卒園式ママ髪型まとめ!アレンジ動画【ボブ/ミディアム/ロング】

3月といえば? 春休み

主に学生にとっての楽しみな期間ですね。
卒業や年の移り変わりに、同級生と旅行に行ったりする期間ですね。

また新生活の準備期間でもありますので、引越業界や不動産業界なども騒がしくなる期間ですね。

3月の祝日や記念日

3月の祝日や、一風変わった記念日をご紹介します。

花粉症記念日(2023.3.7)

3月7日は花粉症記念日です。

花粉の多くなる時期に、花粉の情報を発信する日とされています。

今年は、2月3日から花粉の飛散が開始し、2月下旬頃にピークを迎えるといわれています。

サンドイッチデー(2023.3.13)

3月13日はサンドイッチデーです。

2個の「3」が「1」をはさんでいることにちなんで決められてた記念日です。

あまり聞き馴染みのない記念日ですが、お子様がいるご家庭ではみんなでサンドイッチを作って楽しんでも良さそうですね。

春分の日(2023.3.20)

春分の日は日本の祝日です。

「自然を称え、生物をいつくしむ日」とされています。

一般的には、春分の日にお彼岸を兼ねてお墓参りや掃除、仏具の手入れをするご家庭が多いようです。

桜の日(2023.3.27)

3月27日は桜の日です。

日本さくらの会が制定した記念日で、「3×9=27」の語呂合わせにちなんで制定されたそうです。

さくらの日にはお花見を行うのがいいそうで、2023年の桜の日はちょうど金曜日なので、夜桜にはピッタリですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、3月の年中行事やイベント、祝日や記念日をまとめてみました。

おひな祭りを終えて、ホワイトデーの準備をして、お彼岸の準備をして、と行事やイベントに向けて準備を進めていると、3月もあっという間に過ぎてしまいそうですね。

今回の記事を参考に、楽しく充実した3月を過ごしてくださいね。

 

 

 

 

コメント