カロリー制限ダイエットで痩せる方法【頑張るだけでは効果なし】

今日からダイエットするぞ!と意気込んでもなかなか痩せずに続かない…
カロリー制限でサラダしか食べてないのに思った様に痩せない。

そんな経験はありませんか?
私も子供を出産するたびに太ってしまい、2回の出産で20キロ増!
お腹の肉もしっかりつかめることに危機感を持ち、
旦那からも「お前はヒートテックじゃなくて、ミートテックをまとっているな」なんて言われてダイエット開始しました。
サラダ中心の食生活にし、4キロ痩せるもそこからなかなか痩せず……
ただカロリー制限するだけでは痩せないと3ヶ月後に実感しました。
カロリー制限ダイエットにはコツがあります。
そのコツを実践しコツコツ続けて行って、今はMAX体重から18キロ減りました。
ただカロリー制限し、耐えていれば痩せる訳でなはいのです。
この記事ではカロリー制限ダイエットするときの注意点とコツを紹介します。
ダイエットしたいと思った時が、開始する1番のいい機会です。
一緒に頑張りましょう!!

スポンサードリンク

カロリー制限で痩せない理由

「ダイエット」と聞いて食べる量を減らす方も多いのではないでしょうか?
サラダを食べて、運動を取り入れて…空腹に耐える。
しかし、最初は少し痩せてもその後はピタッと止まってしまう。
そこには理由があるのです。
その理由を知ることで、挫折せずダイエットを継続できます。

栄養バランスが崩れている

カロリーを抑えようとして、サラダばかり食べてませんか?
「○○ダイエット」など、特定の食べ物ばかり食べ続けるダイエットもおすすめできません。
カロリーを減らしすぎる、カロリーは少なくてもジャンクフードばかり食べるのはNG!
カロリー制限では何を食べないかではなく、「バランスよく食べる」意識が大切です。
極端なダイエットを繰り返したり、低栄養状態を継続することは生活習慣病のリスクを高めるとされています。

厚生労働省 e-ヘルスネット

身体が省エネモードに入る

カロリー制限を始めると、身体の危機管理モードにスイッチが入り消費エネルギーを節約し始めます。
特に基礎代謝と呼ばれる、何もしていなくても消費していくエネルギー以下にすると危険です。
痩せようとさらに摂取カロリーを減らす→身体は消費エネルギーを節約していくという悪循環に陥ります。
この状態で通常の量を食べてしまうと、より太りやすい身体になってしまうこともあります。
栄養バランスと基礎代謝に必要なカロリーは摂取する様にしましょう。

筋肉がなくなっていく

カロリーを気にしてサラダやこんにゃくゼリーなど、かろりーの少ない食事にしていませんか?
必要なカロリーが供給されなくなった場合、身体のどの部位から痩せていくかご存じでしょうか。
脂肪?
筋肉?
正解は筋肉です。
筋肉は栄養を多く消費するコスパの悪い部位なので、脂肪より先に痩せていきます。
脂肪は栄養が貯蔵された保管庫として、もしものために備えて使われないのです。
その結果、基礎代謝量が落ちより痩せにくい身体になります。

カロリー制限ダイエットでの注意点

私が実践していた、カロリー制限ダイエットを成功させるためのコツを紹介していきます。
難しいことはないので、コツコツ継続していきましょう。

sponsored link

自分の基礎代謝を知る

自分の基礎代謝がどのくらいかご存じですか?
基礎代謝量は毎日の食事の中で、どのくらい食べていいかのひとつの指標になります。
最近の体重計には、体重を測ると自分の基礎代謝量を教えてくれるものもあります。
もしそんな機能がない場合は基礎代謝を計算してみましょう。

1日3食きちんと食べる

理想的なのは主食・主菜・副菜をバランスよく取り入れることです。
できれば主食を控えめにし、主菜や副菜を多く食べる様に意識しましょう。
厚生労働省では「1日3食・3色食品群そろった食事」をおすすめしています。
3色とは以下の通りです。

赤色食品:肉・魚・卵・大豆・牛乳(血や肉になるもの)
黄色食品:ご飯・パン・芋・砂糖・油(働く力になるもの)
緑色食品:野菜・海藻・果物(身体の調子を整えるもの)

難しく考える必要はなく、彩りの良い食事を心がけましょう。

タンパク質を意識

タンパク質を意識して摂取していますか?
筋肉の元になることはもちろん、髪の毛・皮膚・爪など身体に欠かせない栄養素です。
では、どのくらいのタンパク質を摂取すればいいのでしょうか?
基本的には、今の体重と同じくらいのタンパク質接種を心がけましょう。
もし運動や筋トレしている方は、自分の体重×1.2〜1.4を目安に摂取しましょう。
タンパク質を摂取しようと霜降りのお肉を食べるとカロリーが多くなってしまいます。
お肉を摂取する場合には脂肪分の少ない、鶏胸肉・ささみ・ヒレ肉・牛モモ肉など赤みの多い肉がおすすめです。
調理法も低温でじっくり火を通すと、固くならないので試してみてください。

まとめ

いかがでしたか?
ダイエットの記事なのに「しっかり食べよう」と、矛盾したことを言っている気がします。
ですが、食事をバランスよく摂取することは重要です。
サラダやこんにゃくなど、カロリーのないものばかり食べて痩せないと悩んでい方は一度食べるものを変えてみてください。
食べることでいつも食事のことを考えていた生活や無駄なお肉ともさよならできます。
今年こそミートテックを脱ぎましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ方はコチラも読まれています