カロリーゼロは太らない?【人工甘味料の危険性と上手な活用法】

「ダイエット中なので、カロリーを摂りすぎない様にしている」
「ゼロカロリーの飲み物・ゼリーで空腹をごまかしている」

ダイエット中のカロリーを気にして、ゼロカロリーの飲み物・食べ物を多く取り入れていませんか?
食事全体のカロリーとしては少なくなっているかもしれませんが、実は身体に悪影響がある場合も考えられます。
例え痩せてたとしても、身体の調子が悪くなってしまっては元も子もありません。
この記事では、人工甘味料の罠と活用のポイントを紹介していきます。
人工甘味料と、上手に付き合う参考にしてみてください。

スポンサードリンク

人工甘味料ってどんなもの?

ダイエット中でも甘いものが食べたい!
そんな時の強い味方が、「カロリーゼロ」ですよね。
こんなに甘くて美味しいのに、なぜカロリーゼロなのか考えたことはありませんか?
その理由は、人工甘味料を使用しているからです。
人工甘味料とは、甘味成分を人工的に取り出したものを指します。
この人工甘味料は、砂糖に比べて少量の使用で甘みを感じられ、摂取カロリーが少なくてすみカロリー制限の強い味方としてダイエット食品・飲料に広く使用されています。

カロリーゼロの罠

カロリーが「ゼロ」でカロリー制限の強い味方であればダイエットにもいいし、積極的に取り入れたい!と思いますよね。
ちょっと待ってください。
人工甘味料には、肥満の原因になってしまう「罠」が潜んでいます。
ひとつずつ紹介していきます。

・カロリーが含まれている可能性
・甘みがないと満足できなくなる
・身体の代謝が変化する

カロリーが含まれている可能性

カロリーゼロと書かれていても、カロリーが含まれている場合があります。
食品100g(飲料の場合は100ml)当たりのエネルギー量が、5Kcal未満であれば「カロリーゼロ」と表示できます。
小さなカロリーの積み重ねが、知らず識らずの内にカロリーオーバーになってしまう可能性も…

甘みがないと満足できず、肥満の原因に

sponsored link

普段からカロリーがゼロだからと、甘いものを多くとってしまうと舌の甘味を感知するセンサーの動きが鈍化してしまいます。
味覚は特に刺激に慣れやすい器官で、より甘くしないと甘みを感じられなくなってしまいます。
そして身体の中にある甘みを感知するセンサーが働くと、ホルモンの影響により食欲を増していきます。
そして何より怖いのが、「甘味依存症」になっていくことです。
最初はダイエット中のカロリー制限にと思って使い始めたら、いつの間にかついつい食事やおやつに取り入れて「中毒」と同じ症状になってしまいます。

身体の代謝が変化する

人間の身体は、食事を摂ることで血糖値が上がると満腹感を感じ、血糖値が下がると空腹感を感じる様にできています。
しかし、人工甘味料は血糖値が上昇せず空腹を感じにくくなります。
その結果空腹を感じた時に行う「身体に蓄えていた栄養素の消費活動」が行われず、基礎代謝が落ち食欲が増進にもつながります。

人工甘味料の活用のポイント

カロリーゼロなのでダイエットに人工甘味料を取り入れようとしたけれど、デメリットが多く不安があるかもしれません。
しかし、人工甘味料が全て悪い訳ではありません。
上記の人工甘味料の罠を理解して、上手に活用できればダイエットの強い味方にもなります。
ここでは、活用のポイントを2つ紹介します。

甘味全てを人工甘味料に頼らない

1日の食事やおやつの中の甘味全てを、人工甘味料に頼らないことが重要です。
ダイエットの基本は、バランスの良い食事と適度な運動。
バランスのよい食事と言っても、難しく考えることはありません。
彩りよい食事を心がければ、バランスがよくなる傾向にあります。
人工甘味料を適度に利用しカロリー制限の手助けをしてもらいながら、栄養のバランスを考えた食事を心がけましょう。

より安全性の高い糖アルコールを選ぶ

人工甘味料を使用する場合には、安全性が高いといわれているの成分を人工的に作った糖アルコールを使用しましょう。
他の人工甘味料に比べて、
・甘みが弱い
・カロリーがある
など弱点もありますが、砂糖に比べるとカロリーも抑えられています。
糖アルコールには、代表的なものとしてキシリトールやエリスリトールなどがあげられます。
砂糖と置き換えるだけで、カロリー制限にも活用できるので上手に使っていきましょう。

まとめ

ダイエット中に便利だからと人工甘味料を利用していると、知らず識らずのうちにまるで中毒の様に人工甘味料に依存してしまうなんてこともあります。
ダイエットの基本は、バランスの良い食事と適度な運動です。
けれども、時には甘いものも欲しい。
そんな時には何も考えずカロリーゼロという表示に喜ぶのではなく、人工甘味料をダイエット生活の中に上手に取り入れしょう。
ダイエット生活の中の息抜きに活用してください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ方はコチラも読まれています