NURO光はIPv6に対応ってどういう意味?疑問にお答えします

スポンサーリンク

インターネット回線について、公式ではIPv6とIPv4のデュアル方式の採用を謳っています。

そもそもIPv6とかIPv4って何?等、技術的なことが分からないですよね。
そういう疑問にここではまとめていきます。

スポンサーリンク

NURO光が対応しているIPv4,IPv6って何?

IP=インターネットプロトコル(Internet Protocol)の規格 のことを指し、
インターネット通信するときに使うルール(通信プロトコル)のひとつです。
v4,v6というのはVersionを指します。
IPv6はIPv4の次のバージョンであり、IPv4でIPアドレス(通信機器1つ1つに割り当てられる住所)が足りなくなったことから生まれた規格です。

IPv4はIPアドレスを32bitのデータで表現→ 2の32乗個 (約43憶個)
に対して
IPv6はIPアドレスを128bitのデータで表現→ 2の128乗個 (340澗(かん)個)
※数字の読み方 億 →兆 →京 →垓 →穣 →澗
澗 = 10の36乗
1,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000
もうよくわからない数字ですね(笑)

接続規格にも違い有り!IPoEとPPPoEについて

IPに関してはIPアドレスの違いだけではありません。接続方式にも違いが生じます。
簡潔にまとめると下記のようになります。

接続方式 IPoE PPPoE
対応通信方式 IPv6のみ IPv4
IPv6
通信速度 最大100Gbps 最大200Mbps
※↑フレッツ光含むNTT系光回線のみ
ID・PASS 不要
※面倒な設定が不要!
必須
通信容量
閲覧制限 IPv6対応WEBサイト・サービスのみ閲覧可能
※IPv4専用WEBサイト・サービスは不可
無し

IPoEとは

IPoEは「IP over Ethernet」のことで、直接イーサネットとIP通信を行う通信方式を指します。

こちらは、「ネイティブ方式」と呼ばれ、一番の特徴はIDやPasswordが必要ないという点です。
簡単でスムーズにインターネット接続ができる方式と言えます。

PPPoEとは

PPPoEの「PPP」とは、Point-to-Point Protocol のことで、電話回線のルールを使用した1対1で通信する方式を指しています。
「PPPoE」は、PPP over Ethernetのことで、PPP方式でイーサネットに接続しますという意味になります。

「IPoE」のネイティブ方式に対して、「トンネル方式」と呼ばれており、接続にはIDとパスワードの入力が必要になります。

このIDやパスワードは契約したプロバイダから付与されることになっていますが、IPoEと比べてユーザー側にとって、面倒な方式と言えます。

なぜIPoEの方がスムーズな通信が行えるのか

PPPoEは、通信の障害となりうるISP相互接続点(POI)を経由する必要がありますが、IPoE方式はISP相互接続点(POI)を経由する必要がなくインターネットが利用できます。

まとめ

  • IPv6は現状家庭用で使用されている光通信で最新の通信規格
  • 従来のIPv4と比較すると接続方式が異なるのでスムーズな通信が可能
  • 契約する光回線がIPv6に対応していることを確認すること!

NURO光はデュアルで対応!IPv4,IPv6どちらも使用可能

著者自身も使ってるNURO光はIPv4、IPv6どちらにも対応しています。

接続方式もIPoEを採用していますので、初期設定等全然必要とせず、取説通りの接続をするだけで利用可能でした。

ONU機器のレンタル込みで月々5200円で光回線を契約できる安さもNURO光ならではの価格なのでお薦めです。



 

 

コメント