スポンサーリンク

Amazonでの購入商品の返品、交換方法をわかりやすく解説

Amazonへの返品方法をパソコンとスマートフォンでの手続き方法

Amazonでは、原則商品お届け後30日を経過した場合には、返品理由に関わらず返品・交換は承っていません。

商品お届け後30日の場合には、以下の方法で返品手続きをしましょう。

なお、商品お届け後30日を過ぎた商品については、保証書等に記載の保証元へ直接ご連絡いただく必要がございます。

パソコンからの返品手続き方法

  1. Amazonトップページhttps://www.amazon.co.jpの右上にある「返品もこちら注文履歴」をクリック
  2. 注文履歴から返品したい商品を探し「商品の返品」をクリック
    ※右上にある「注文を検索」で商品の検索ができます。商品名を入力して「注文を検索」をクリックしてください。
    ※注文履歴は過去3ヶ月に確定された注文が表示されています。期間を変更するには左上の「過去3ヶ月に確定された〇件の注文」の「過去3ヶ月」をクリックして見たい期間を選択してください。
    ※交換は、間違えて購入した場合など購入者都合の返品の場合、Amazonマーケットプレイス出品者が販売し、Amazonが発送する商品には表示されません。
  3. 返品する商品画像の横にあるチェックボックスにチェックを入れる
  4. 商品名の右側にあり「返品の理由」の「回答を選択してください」をクリックし、返品理由を選択
  5. 返品の具体的な理由を記載
  6. 「次に進む」をクリック
  7. 交換または返金の方法を選択し「次に進む」をクリック
    ※交換は、間違えて購入した場合など購入者都合の返品の場合、Amazonマーケットプレイス出品者が販売し、Amazonが発送する商品には表示されません。
  8. ご希望の返送方法を選択し「返送手続きを開始」をクリック

スマートフォンからの返品手続き方法

  1. Amazonトップページhttps://www.amazon.co.jpの右上にある人のアイコンをクリック
  2. 「商品の返品・交換」をクリック
  3. 「返品受付センター」をクリック
  4. 注文履歴から返品したい商品を探し「商品の返品」をクリック
    ※上部にある「すべての注文を検索」で商品の検索ができます。商品名を入力してスマートフォンのキーボードの「検索」をクリックしてください。
    ※注文履歴は過去3ヶ月に確定された注文が表示されています。期間を変更するには右上の「絞り込み」をクリックして見たい期間を選択してください。
  5. お届けした商品に問題がある場合の下「返品商品 〇〇年〇月〇日まで有効」をクリック
    ※受け取った商品に問題がない場合でもここから手続きをしてください。
  6. 返品理由を選択
  7. 具体的な返品理由を記入
  8. 「次に進む」をクリック
  9. 交換または返金の方法を選択し「次に進む」をクリック
    ※交換は、間違えて購入した場合など購入者都合の返品の場合、Amazonマーケットプレイス出品者が販売し、Amazonが発送する商品には表示されません。
  10. ご希望の返送方法を選択し「返送手続きを開始」をクリック

商品の故障や購入者の都合で返金の額に違いあり

返品理由によって返金額などに違いがあります。

・届いた商品に不具合や損傷などの問題があった場合

商品代金、配送料、手数料、ギフトラッピング料など支払った金額を全て返金、または、同一商品への交換。

返送料はAmazon負担のため着払いで返送。

・間違えて注文したなど購入者都合の場合

未使用かつ未開封の場合、商品代金のみ全額返金。

開封済みの場合、商品代金の50%のみの返金。

返送料は購入者負担のため元払いで返送。

なお、Amazonでは開封済みの基準を以下としています。

  • メーカー既成の梱包を開封してある、または破損している
  • 商品を意図的に破損させるような再梱包がしてある
  • 商品タグが外されている
  • 部品のビニール包装が開封されている
  • ケーブルを固定するワイヤーなどが外されている
  • その他、商品自体に使用された形跡がある

また、以下のケースでは購入者都合による返品は承っていません。

  • 使用済みまたは開封済みの消耗品
  • メーカーが初期不良と認定していない場合(液晶パネルのズレ、ドット抜け、使用後の外観の傷など)
  • 拡張機器の増設や、パーツの取り替え、商品自体を改造、調整した商品
  • お客様のご要請でメーカーから鑑定書・鑑別書の発行を受けている商品
  • 車用タイヤ・ホイールセット
  • 法令等に基づき返品・交換が出来ない商品
  • Apple製品 (beats by dr.dreを含む)
  • ソニー (SONY)・ASUS・シャオミ (Xiaomi) のスマートフォン製品
  • Panasonic、‎carrozzeria/Pioneer、KENWOOD、ECLIPSEのカーナビ・カーエレクトロニクスの一部商品
  • シーゲイト(SEAGATE)・日本サムスンのストレージ製品

コメント